やっと完成!

0

    ベージュ系とチョコレート系のコントラスト

    今年の夏は猛暑、そして9月は台風に悩まされてしまいました。お庭の管理がもうできないとのお客様のご要望で庭全体にタイルを敷き詰める工事がやっと完成しました。 あの猛暑の時に草花から木々までを撤去して地ならしをし、下地コンクリートを打つという工程が雨に悩まされながら本当にやっと完成しました。 施主のY氏は弊社のカタログブックレットに載せている写真を大変お気に召していただきベージュとチョコレート色のコントラストを四半張りでデザインしました。

    どこかヨーロッパの雰囲気の漂う広々とした空間にYご夫妻も大満足。ギリシャで見た野外音楽堂がこれと同じと撮ってきたビデオまでご披露していただきました。

    カメラを落としてしまいちょっとピンボケ写真になってしまい残念です。「これからこの庭に素敵なテラコッタ調の植木鉢でお花を飾るぐらいが年齢からしてちょうどいい作業よ」と奥様もご満悦。確かに弊社の庭も芝の管理やすぐに成長するブーゲンビリアの途長枝、草との格闘でした。 高齢社会と言われ庭の手入れもままならない方、こういった新たなお庭の楽しみがあります。

     

     

     

     

     


    頑張った作品

    0

      残暑も厳しく迷惑な台風も早く過ぎ去ってほしいと思うこの頃です。

      この暑さにもめげずお客様達ががんばってテーブルにタイルを貼り楽しんでくださいました。

      ご自分でも貼りたいという方はお問い合わせください。 ボンドの付け方とか目地の入れ方とか、ちょっとした知識で後はセンス次第で素晴らしいテーブルが出来上がります。

       イスラムタイル M−13V使用

       イスラムタイル コルドバ使用

       イスラムタイル アルハンブラ使用


      小さくても存在感のあるタイル

      0

        なかなかアップできなかったタイルの内、TSシリーズで小さなタイル(業界ではロットといいます)をアップすることができました。 HP 床タイル、ボーダーをご覧になってください。

        床タイルのうちの一つでスペインの寺院や古い建物をご覧になった方は大判タイルのコーナーごとに嵌め込まれている小さなタイルにお気付きでしょう。 私は海外へ行くといつも目が床を向いています。 どんな張り方をしているかとか材質は何かと、気になることばかりです。

        一昨年イタリアとフランスへ行ったときに大きな違いが分かりました。 イタリアの床は大理石、フランスはモザイクタイルでデザインを作った床、そしてスペインは言うまでもなく素焼きのテラコッタ。ちなみにイギリスはビクトリアン調の床タイル。お国柄が出ていて私には下を向いて歩くのがたまらない魅力です。

        パティオの商品もロットはよく売られています。皆さん少しでも南欧風に家や庭作りをしたいと願っていらっしゃってます。

         



        リンク

        カレンダー

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << October 2016 >>

        最新の記事

        カテゴリー

        アーカイブ

        タイル名などで検索:

        配信用

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM